• 清水信博

業界観察

政府の出している統計によると、教育サービス等の産業の社員数平均は11人とある。もちろん学校もあれば社員研修会社も学習塾もある。そんな中で、周囲を見渡しても、私のようなセミナー屋は、1人会社が99%を占めているような気がする。  

そこで自社の成長路線を考えた時に、1%の過密市場に参入していくか、このままの路線で行くかを考えなければならない。もちろん拡大路線をたどって○○○研究所、○○経営、○○なんとかといった大企業(この業界では)を目指す方向もある。  

ところがこの業界は、社員が何百人いようがカリスマ性をもった1人の人間で付加価値が決まる。その1人が倒れると途端に顧客離れが起こる。 その意味で言えば何百人いても個人商店と変わらないという性格をもっている業界でもある。これは知識社会の特性でもある。  

一年ほど前に景気は上向きだが、これからは下がることも考えて・・・と言ってきた。 景気上昇と下降はサインカーブのように繰り返す。 頭のいい経営者ならば知っていること。 無限に上昇はしない、無限に下降はしない。  

社員教育会社は設備投資はほとんど無いので、固定費は人件費が大半を占める。そうなると、どのくらいの人数でこれから行くのかといううことは最重要問題になる。 勢いだけでは決められない。 経営理念と経営の方向性、採算度合いなどを考慮しなければならない時が必ずくる。  

私は若い時にこれで失敗した。 当時は勢いだけで固定費が増大し、歯止めが効かなかった。 もちろん未来計画などは絵に描いた餅に過ぎなかった。 あの当時は業界のことも知らなかった。 無知であることは無謀を許されても、最後まで面倒をみてくれることは無いということを知った。 独立した時に「これじゃ、ダメだなぁ」と痛感したものだ。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

真の生産性向上

3人でやっている仕事を5人でやってはいけない。 人が増えると逆効率となることがある。 3人でやっていることを、2人で楽々と7割の時間でこなすこと。 それが正しい「仕組みづくり」である。 私は印刷会社の作業改革でわずか数ヶ月で生産性を10倍にした。 その論文は日本印刷技術協会に応募して賞をいただいた。 ここには、いくつかのヒントがある。 まず全工程を追跡調査したときに、何度も何度も同じ作業やチェック

高い目標

P.F.ドラッカーが言っている高い目標について考えてみる。 ①高い目標はリスク軽減。 通常、目標より実績のほうが低くなる傾向がある。そのために少し高い目標設定は実際的だといえる。また何らかのリスクに対応するための利益Bufferと見ることもできる。 ②高い目標は、現在いる社員のベースアップと、増員する新人の給与の両方の増額を見込んでいる。 ③必要利益を超過したものについては、企業の取り分(企業分配

ベテラン

ベテランという名の傲慢も、 還暦過ぎたら一回りなので、 初心に戻るといいのかもしれない。 長く同じ世界に浸かっていると、 すべてを知っているかのような錯覚に陥ることがある。 とくにベテランと言われる人はよほど注意したほうがいいようだ。 それは言動に現れる。 言葉が荒っぽく、汚くなってきたらもう危ない。 年下の人にも敬意を払うことだ。 母は孫が二十歳を過ぎた瞬間に「○○ちゃん」から、 「○○さん」と

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.